第3期事業計画

第3期の事業計画(2004年9月1日~2005年8月31日)の概要は、次のとおりです。

地域創造に関する政策の研究と提言 ①奈良の地域を活用して育成すべき産業、構築すべき社会的仕組み等に関する調査・研究と政策提言を行う。

②「奈良らしい」を生かした観光立県のあり方、奈良観光の新たな構図、発展へ具体策等に関する調査・研究と政策提言を行う。

③桜井市の観光振興に関する調査・研究と政策提言を行う。

④急速に進む高齢社会に対応する地域社会の現状を分析するとともに、企業や子育ての卒業生が地域社会の運営に参加・寄与できるシステムの研究・提言を行う。

⑤奈良の芸術文化・伝統芸能・伝統工芸を伝承するための教育や仕組みを調査・研究し、提言を行う。

地域創造に関する実践的研究・計画立案・指導 ①室生村笠間・深野地区において地域創造の実践活動を行うとともに、地域創造を指導する。

②奈良に豊富な竹資源を活用し産業創造を行う仕組みを検討する。

③消費者が主導する食品評価機構(食品の安全性・品質評価と大和ブランド付与)、うまいもんネットワークの具体化を検討する。

④室生村深野地区での交流と連携による地域活性化方策の具体的検討等を行う。

⑤奈良産の食材を利用した「奈良料理」の創作と「ほんまもんの味」に関する調査・検討、指導等を行う。

地域創造に関する研究講座、研究交流会、コンベンション、市民向けイベントの開催 ①スローフードの考え方・生活態度・教育等に関する研究を行い、シンポジウムを開催して、普及・発展に努める。

②奈良固有の食材や産物を広く県民に認知されるための体験ツアーを企画・実施する。

③奈良の芸術文化・伝統芸能・伝統工芸に関し、地域との交流イベントを開催する。

大学の活動の支援 ①花のキャンパスづくり等に関する支援を行う。
地域創造関連団体の活動支援 ①柳本「もてなしのまちづくり会」等の活動の支援を行う。

②「観光ボランティアガイドの会」連絡協議会結成に関する支援と調整を行う。

機関誌の発行 ①地域創造の動向、当法人の活動内容の紹介等を行う機関誌を発行する。